2013年12月25日

LET IT BE



When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom
Let it be

And in my hour of darkness
She is standing right in front of me
Speaking words of wisdom
Let it be

トラブルに見舞われている自分自身を知るとき
マリアさまが…自分の所にやってきて…
貴い言葉を話してくれるんだ

「そのままに…」

そして…自分が暗闇にいる時間
マリア様が…自分の前に立っていてくれて
貴い言葉を話してくれる。

「そのままに…」


いかに自分の感じたものを表現するか?

いかに相手のことを知り…
自分の立場と相手のこ立場を大切にして
自分を変えないで表現できるか?

そんなことが大切なのかも、ね。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン




やはりぃ…。

これ!だよねぇ。。。


中学高校は男子校の自分。
そんな高校生活の一コマが、このリリーズでした。

リリーズ埼玉支部長なる友達がいて
いつも…とても良い席を用意してくれました。

リリーズ、懐かしいなぁ。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン
posted by Medkid at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月24日

お誕生日…ねぇ。。。

SN3T0200.jpg

ブログにお誕生日だよなぁ…
とか、書いたら

患者さんから右上のお菓子のプレゼントを頂きました。
感謝しています。。。
m(__)m アリガトォ

左下の水ようかんも…
和菓子のお店をしている患者さんに頂きました。

いつも…
お菓子を頂きありがとうございます。

そんな患者さん方に良い医療が提供できるように
がんばって行きたいと思います。
(×_×)


さて、と。

右上のお菓子を頂いた患者さんに言われたこと。
「先生…先生のブログを読んでも全く分からない!
 でも、よく色々なことが書けるね!」とか話して頂きました。


開業前の病院には19年勤めていました。
いつのまにかの19年でした。

医師の仕事としては…葛藤の毎日でした。
だって、手が感じることから…

「これでは治らないよね!」とか
思いながらの治療をしていたからでした。
(×_×)


心の中では患者さんに謝っていました。
「より良い医学を作るから許して欲しい!」と
いつも、心の中では願っていました。


雇われている以上、自分の思い通りにはなりません。

そんな自分の机の引き出しの中には
いつも…何度も書いた退職届が入っていました。


でも、家庭を持っている以上、
すぐに辞めるわけにも行きません。

そんな職場の環境で働いて行くには…
どうしたら良いだろう?と考えて

自分に責任を負わせることにしました。

「まかりながらも、自分の病気の研究が終わり
文書として残さない限りは辞めることはできない!」


そんなことを考えて勤務医をしてきました。
だから…いくらでもブログに話を載せられるのだと思います。

加えて、もう少し患者さんの立場になり
説明を加えて行かなくてはならないかな?とも思います…
よねぇ。。。
(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ




ねぇ。
「夢を諦めないで!」という歌だよなぁ。

翻訳家の患者さんもそうだし
このお菓子を下さった患者さんもそうだけど。

自分の考えが認められて外国に行けるときが来たら…
一緒に行こう、ね。

外国、へ!!!
ビジネスクラス以上で寝ながら飛行機に乗って。。。
d(^-^)ネ!
posted by Medkid at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月16日

自分の夢…かな(^^ゞ

flight01.png

今日は遊びの記事です。。。

成田から羽田まで
ボーイング787という新しい飛行機で飛んでみました。

主翼はカーボン製で
その主翼は日本で作られました。

鳥の羽ってしなやかですよね。
そんな鳥の羽を思い起こさせます。

flight02.png

これがボーイング787のコックピットです。
戦闘機の様なコックピットですよね。。。

さて…
羽田に着陸でぇ〜〜〜〜す。

上手く着陸できるかな???(^^ゞ

着陸するときはゲームでも緊張します。

flight01.png

まぁまぁかなぁ〜〜〜〜〜〜(^_^)v


自分の夢の一つは

「自分の医院に
フライトシュミレータのコックピットを作って
子供達と遊びたい!」

もちろん…

そんな自分の医院の他の使命とは

「世界に病気の実像を話して行きたい!」

そんなことだと思います。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン
posted by Medkid at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月08日

悩むよなぁ。。。

nayamu01.jpg

やっぱぁ…
悩むのが人間だよ、なぁ…(^_^)v

むかし、20代の頃に悩んだ自分は
悩み話を聞いてもらいに
易の先生の所に行っていました。。。

新宿だよなぁ…。
懐かしい。

あの先生が亡くなったときには寂しかった、な。
(×_×)

最初は
身体を治しに助けに行きました。

でも、さ。
奥さんが先に亡くなってしまって
その易の先生は自分のことを頼らなくなった。

死を覚悟したのでしょう。

そんな易の先生を前にして
愚痴を話していた自分の前には

若かりし頃の自分を彷彿させる患者さんが座っています。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

笑えるよね。

先生、優しいよね!とか
スタッフさんに言われ…悪い気はしないんだけど。

でも、さ。

別に優しくしてるわけでなくて
自分に、そんな経験があるだけ…なんですよぉ(^_^)v

そんな患者さんを前にして
自分が話していることが、

自分が若かりし頃に悩んで
話を聞いて貰っていた易の先生と
同じことだったりするんだよね。

笑える、本当に!

あの易の先生…
「俺の話は後になって何千万の価値を生む!」とか
話していたっけ、なぁ。。。(^_^)

身体でも苦しんだし
そんな風に若い頃に
精神的にも苦しんだような自分かも、ねぇ〜〜〜

あ・今も苦しんでいますよぉ〜
生きている証、かもなぁ。

posted by Medkid at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月17日

独立…

hana.jpg

いままで勤務医をしていて
自分が正しいと思う医療ができませんでした。

そして…
崖を飛び降りる気持ちで開業をしました。

そこでの雑感です。。。

勤務医は温室の花です。
開業医は野生の花です。

温室ならば…
強い風も寒さも受けることがありません。
でも…すがすがしい空気に触れることも出来ません。

でも
野生ならば…
強い風もうけて、寒さもそのままです。
でも…すがすがしい空気に触れられます。

一人の足で立つ厳しさと
一人で生きることの清々しさ

その両面を感じている自分です。

そして…
患者さんの言葉に救われています。

「先生…いままで漢方薬が効いたと思ったことは無かった。
でも…先生の所に来て漢方薬って効くんだと思った」

自分は開業して良かったのかな?
と思います。

でも…他の苦しみは大きいです。

これが一人の足で立つことだと思います。
苦しみを受け入れ
医院を続けて行こうと思います。
posted by Medkid at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月04日

漢方内科のイメージ

漢方内科って聞くと


どんなところなのかな?
普通の治療はないのかな??
検査は???


っと疑問を持っていらっしゃる方が多いようです


当院は、内科・漢方内科なのでなんでもやりますよパンチ


血液検査はもちろんのこと、レントゲン、心電図もありますぴかぴか(新しい)



なので、健康診断もやっちゃいます病院



各種予防接種も予約で受付けていますexclamation×2



漢方のことだけでなく、なんでもご相談ください☆

posted by Medkid at 12:33| Comment(0) | ・ Extra Category 2 (Holiday)

2011年06月02日

漢方薬を飲もう(-^〇^-)

a0028694_5363239.jpg

風邪をこじらせ、かれこれ10日は咳き込んでます。


体力消耗〜〜〜


患者さんには、逆に「お大事に〜」と言われてます (笑)


飲みにも行かずに寝まっくっているのに〜


先生から、「竹筎温胆湯(チクジョウウンタントウ)を飲んでみなさ〜い。」


と、言われて 処方して貰いますたわーい(嬉しい顔)


なんだか、咳が収まった??????


明日が楽しみやん猫猫猫


posted by Medkid at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月01日

アインシュタイン名言集 その1

「簡単な解決策に神は答えるだろう」
When the solution is simple, God is answering.
- - - 自然は単純である- - -

(このアインシュタイン凄いですね〜。「人生悟りました」という風格を感じません?)


その意味とは?
「一つの現象を観察するとき、非常に複雑に見えることが多いもの‥でも単純さを見抜くことが研究の重要な指針となる」ということでしょう。自然の根本運動は単純であり、その単純な運動が組み合わさって複雑に見えているに過ぎないことが多いもの。このことを研究者に教えるために簡潔に「自然は単純である」と話したのだと感じますね。

なぜ自然の運動は単純なのか?
その答えは、その利点を考えれば見えてくるはずです。それは「単純な運動は強い安定性を得やすい」からでしょう。自然の中で人間が暮らしていけるのは、自然環境が一定の安定性を持っているということにつきます。もし、安定性がない環境に人間という生物が生まれてもすぐに絶滅してしまうでしょう。結局は、安定性のある世界を作るのに不可欠なのが単純な運動であると言ってよいと思います。

数字から見た単純性
もう少し分かりやすいように数字を使って説明してみましょう。例えば、単純な現象を2と定義しましょうか。その単純な現象が10個重なっていたらどうなるでしょう? 2の10乗ですよね。2,4,8,16,32,64,128,256,512,1024ということだから、1024と言うことになります。2の10乗というと単純に見える反面、1024という数字を考えると複雑に見えません? これが自然の単純性と複雑性のからくりの様です。

さて、ここから気付きませんか? これが物理的に何を意味しているのかを? その答えはフラクタリズムです。自然の現象はフラクタリズム、つまり、入れ個によって成立しています。もちろん人体もフラクタル構造を持っていて、このことから考えれば、フラクタルの単純性が人体の運動の基盤となる運動の一つに違いありません。


機械と安定性
次は機械の構造を考えて安定性を探りましょう。例えば10個のパーツから出来ている機械と比較して、100個のパーツから出来ている機械の方が壊れやすいという事実があります。これは、10個のパーツから出来ている機械に比べて、100個のパーツから出来ている機械は複雑で安定性が悪いからです。この例から考えても、単純な構造には強い安定性があることが理解できるでしょう。

では100個のパーツからできた機械が10個のパーツから出来た機械と同様の安定性を得るにはどのような構造を持つべきか? これもフラクタル構造を取れば良いわけです。すなわち10個のパーツを持つ大きなパーツが10個集まれば、10個のパーツから出来た機械と同じ安定性をもつと言うことになります。


医学への応用
現代医学の場合、上の数字の例で行くと、1024のまま解析を行う研究が殆どです。1024のまま解析するんですから、非常に難しい運動を解析していて、最後には、その根本的な意味合いまで辿り着けないことが間々あります。これを研究前に単純化してやることで、現象の意味合いが解けてくると思えてなりません。

次に実際例として遺伝子の研究を取り上げてみます。 遺伝子の研究は「遺伝子が人体のブループリントである」という基本的概念を持って行われています。「遺伝子が人体のブループリントならば、そのブループリント自体を変えてやれば人体の運動(病気)をコントロール出来るのではないか?」という考えですよね。加えて、この遺伝子の研究は、ミクロがマクロ全てをコントロールしているという考えに基づき、複雑さへの挑戦ともとれる研究です。

それでは、ここで質問です。「人間は環境の変化を受けて進化の過程を進んできた‥という事実があります。その環境の変化を最初に察知する場所は何処か?」 という質問です。

遺伝子が環境の変化を最初に察知しているでしょうか? どう考えても臓器が環境の変化の洗礼を最初に受ける場所です。そうならば「遺伝子の変化も臓器がコントロールしている可能性が大きいという」という結論になると思います。ということは‥遺伝子が変化して病気をおこしているように見える場合でも‥臓器が要求して自分の遺伝子を変えていることにならないか?‥ということになります。

こんなことからすれば、遺伝子治療が本当に病気の根本治療になるのかが疑わしくなってくる訳ですね。すなわち、身体は、遺伝子という難しく難解な部分でコントロールされる物でなく、もっと単純な臓器のマクロ的な運動によってコントロールされているという結論を導き出せます。


PS:昨年ブログとして投稿していた記事ですが、記事の内容を綿密にして、これから少しづつ記事を作っていくことにします。