2012年01月17日

独立…

hana.jpg

いままで勤務医をしていて
自分が正しいと思う医療ができませんでした。

そして…
崖を飛び降りる気持ちで開業をしました。

そこでの雑感です。。。

勤務医は温室の花です。
開業医は野生の花です。

温室ならば…
強い風も寒さも受けることがありません。
でも…すがすがしい空気に触れることも出来ません。

でも
野生ならば…
強い風もうけて、寒さもそのままです。
でも…すがすがしい空気に触れられます。

一人の足で立つ厳しさと
一人で生きることの清々しさ

その両面を感じている自分です。

そして…
患者さんの言葉に救われています。

「先生…いままで漢方薬が効いたと思ったことは無かった。
でも…先生の所に来て漢方薬って効くんだと思った」

自分は開業して良かったのかな?
と思います。

でも…他の苦しみは大きいです。

これが一人の足で立つことだと思います。
苦しみを受け入れ
医院を続けて行こうと思います。
posted by Medkid at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記